運営者について - カナダ留学情報サイト

運営者について


「40万円」

21歳だった私が日本からカナダに持ち込んだ金額です。

ワーキングホリデーでカナダに渡加する人なら通常150万から200万程度を持ってくるのが当たり前の近年にしては、自殺行為に等しい金額だったでしょう。

加えて英語はTOEICなんて受けたこともなければ、高校もまともに通ってさえいないという英語の勉強とはまったく関係ない生活を送ってきました。当然、A~Zまでの並びを覚えている程度。(実際、カナダに渡ってからはじめに英語のA to Zの並びを覚えました)

なぜ、カナダに留学することになったかをここで書くと非常に長くなるので省きますが、とにかく自分をもっともっと高めたかった。

そのためには、ぶっつけ本番で渡加するのが一番と考えたのです。

しかし、実際は前途多難な毎日でした。

英語が話せない、職もない、お金もない。

初めに私が学んだのはお金を極力抑えて英語を学ぶという方法。そして、3ヶ月で仕事を見つけ、生計をたてなければ死ぬという現状の打破でした。

お金を抑えて語学学校に通う方法は意外な方法でした。ここで書くと周りからのパッシングが怖いので書きません。

仕事は運良く、日系の大手企業にウェブデザイナーとして採用していただくことができました。仕事を探すのに使ったサイトはクレイグスリストと人材カナダというサイトを使い、片っ端からレジュメを送り、生活するための基盤をなんとか2ヶ月でたてることができました。

今は、ワークビザを取得し、移民ビザ(PNP)の申請も順調に進み、やっと私もカナダの地に居座る覚悟と土台ができたかなと自負しております。

私は本当に苦労の連続でしたが、この経験をもっと沢山の人と共有することはできないかと考えた末、このOverseasというウェブサイトを作るに至りました。

私は、私が無駄に多く経験してきた苦労を皆さんに経験して欲しくはないのです。できるだけ有意義で、楽しく、カナダに来てよかったと感じてもらえるためにはどうすればいいかを。このサイトを通して日々考えていきたいと考えています。

幸いなことに、カナダの語学学校や現地サポート企業、その他沢山の方から支持と共感をいただき、今では多くのエディターの仲間と共にこのサイトは運営されております。

「カナダの生活をもっと有意義に。カナダのことをもっと好きに。」をスローガンに掲げ。私たちは今日も、カナダに渡加する人のための無料サポートをしていければと考えています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 運営者について この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 運営者について Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 newsing it! この記事をChoix! Googleブックマークに追加 Bookmark this on Delicious Digg This

カナダ留学情報サイトの携帯版QRコード

地域別情報まとめ

トロント情報
トロントの生活情報 トロントの生活情報をまとめてみました。
バンクーバー情報
バンクーバーの生活情報 バンクーバーの生活情報をまとめてみました。

人気の記事一覧

最新の記事一覧


コミュニケーション