英語を話すための近道は? - カナダ留学情報サイト

留学を考える上で、留学エージェントやビザ、学校、その他留学に関するお問い合わせや、ご相談はお気軽にご相談ください!

英語を話すための近道は?

 

「英語を覚えたい。」そう考えて留学に思いを抱く人は絶対に少なくないはず。しかし、学校選びや時期、地域を一つ誤ると、自分の理想とはかけ離れた結果を招いてしまうことがとても多いです。
私は、日本から初めワーキングホリデイの1年間で英語を話せるようになるつもりでいました。
しかし、初め通った学校は日本人がクラスの9割を占める、正直駅前留学となにも変わらない学校。
できる友達も全員日本人に決まっているわけで、日常生活の大半を今までどおりの日本語で過ごしてしまいました。
そう、正直な話私は失敗事例なわけです。
”英語を覚えて何がしたいか”が重要だと、先人達は言いましたが、私は英語なんてコミュニケーションの一つ。できて当然のことを学ぶのに、やりたいことを先に決めるのは難しい。完結にまとめると、「色々やりたいことがあるから英語を話せるようになる」という人がほとんどでしょう。

私達の結論

そんな中、私達、「英語を話してコミュニケーションが取れる」人間で集まり、議論してみた。議題はもちろん「なにが一番効率的で確実な英語学習方法か?」という内容だ。

地域性、人種、治安と安全、差別、学ぶ側の人間性。あらゆる方面から一同に意見を出し合ってみた。

そして、3、4時間酒を酌み交わしながら出た結論は「田舎」というキーワードだ。つまり、あえてバンクーバーやトロントなどの都会から離れ、田舎に身を潜め語学学習にいそしむという方法だ。

反対意見もいくつか上がったが、ここでは「なぜ田舎なのか?」という疑問を徹底的に洗い出したいと思う。

人種の壁と甘え

まず、はっきりいおう、バンクーバーやトロントは日本人が多い。これは、どんなに英語を学ぶことに対して貪欲であっても、心のどこかに甘えがあれば、目も留まらぬ速度でその甘えは広がっていく。理由は簡単だ、バンクーバーやトロントの場合、ちょっと探せば日本人のコミュニティなり、愚痴聞き相手なり、友達なりすぐに見つかる。結果として、どれだけ英語を覚えようと必死になっても、日本語環境にどっぷり漬かっているのだ。”カナダだからどこにいても英語環境でしょ?”。断言しよう、違う。少なくともよほど強く硬い決意が無ければ気づけば日本語環境になっている。なぜなら貴方が日本人だからだ。

その点、田舎は違う、加えてカナダという国土の広さが物を言う。田舎になればまず日本人になかなか合わない。あったとしても数人レベルだ。バンクーバーやトロントの人種と言う問題点で何が一番懸念されるか。それは”日本人のグループを形成できてしまう環境”なのだ。日本人と付き合うなと言えば、それは貴方に日本人を辞めろといっているのと同じだ。同じ人種同士、意見を交換することは構わないし、それは必要なことだ。ただし、それがグループになってしまったとき、貴方の語学留学は失敗する。

大事なことは、「小日本人 & 大他人種」のグループを形成することなのだ。これは、バンクーバーやトロントなどの日本人があまりに多すぎる環境では、なかなか実現することのできない、というより、”気がついたら実現していない”のだ。

環境

続いて、環境だ。たとえばバンクーバーのダウンタウン。日本人向けのコンビニもある。日本人に向けた旅行代理店もある。日本人に向けたエージェントもあるし、日本人向けの語学学校の案内まである。終いには日本人向けのエステまであるからびっくりだ。ここまで日本語環境でなんでもそろっていれば、髪を切るなら日本人の美容室だし、買い物をするなら日本人向けの販売店だ。日本と何が違うのかちょっと考えてほしい。道行く人は英語を話している、ただし貴方は今から日本語を話しに行くのだから笑ってしまう。

これは別に本人が悪いわけではない、そういった環境にずっぽりはまってしまったのだから今更どうすることもできない。本当に、”気がついたらこうなっていた”なのだ。

人間、そんなに簡単に「安心を得たい」、「緊張したくない」。こういった人間の本能を沈めることなんかできない、だから気がついたら日本語環境で何もかもを済ましてしまおうとしている。それをなくすためには、環境ごと変えてしまうしかない。

その点は田舎にそんな日本人向けのサービスが整っているわけも無く、無理やり環境を変えるにはもってこいだ。

治安

これはどの国も同じだろう、都会になるほど理不尽な犯罪は増える。巻き込まれる危険性も上昇するのは誰しもわかりきったことだ。細かい治安を言ってしまえば日本だって治安の悪い場所はある。ハッパの類はその辺で購入できるし、犯罪件数も日本は決して少ないわけではない。マシな方なだけだ。

学ぶ側の適切な人間性

すべてを環境と、人種のせいにするには、人間はあまりに多様すぎる。人にはそれぞれ十人十色の個性があり、恥ずかしがりやもいれば、大胆不敵な人間もいる。

私達は、田舎というキーワードは様々な人間性を網羅することのできる包容力のようなものがかね備わっていると考えている。加えて、「英語以外に人とコミュニケーションする術が無い環境」であれば、おのずと英語のボキャブラリは増える、人間“基本的に寂しがり屋”なのだ。人と交わらねば生きていけないし。ずっと何も話さなければ頭がおかしくなってしまう。少なくとも筆者はそうだ。

なので、あえて私達が理想とする個性を挙げるとすれば、人とのコミュニケーションを求め続ける人だ。

逆に、“引きこもり”には辛い経験になるだろう。周りの人間と話すことはできるが、意味が通じない。中には心優しくない歓迎をされることもあるだろう。涙で枕を濡らす夜も少なくないはずだ。ただ、俗に言う“引きこもり”であったとしても、そのカナダの田舎で過ごした日々は、その人に対しても必ず変化をもたらす。「人と交わることができる喜び」、「それをスキルを呼ぶことのできる達成感」、「ある種の優越感」。少しずつでも、他の人と交わる喜びをかみ締める回数が増えていく。

現に、精神的な病を持つ人も、カナダの大自然に囲まれた田舎でリハビリを兼ねて留学する人も少なくは無い。大事なことは、忘れかけていた人とのコミュニケーションという当たり前を、一から学ぶことで思いだすという過程なのだ。

また、当然のように活発で、人と良く話しをする人は、伸びが早い。しゃべることが大好き、日本ではおしゃべりと呼ばれていた人も、田舎の学校にはおしゃべりを楽しむために、わざわざカナダの田舎にやってきたと言っても過言ではない人たちで溢れかえっている。

もちろん、英語力という壁からわずらわしさを感じることは多いだろうが、いつしかタダのおしゃべりではなく、バイリンガルのおしゃべりにレベルアップしているはずだ。

ここまで、話が進めば、理想とする学校も限られてくる。

理想の学校は・・・

まず、地域だ。バンクーバー、トロント、モントリオールは見当違いとして。私達がお勧めするのはパウエルリバーという街だ。自然に囲まれ、安全性はお墨付き。街の人々がフレンドリーなことでも有名なこの街は、まさに語学を学ぶ人にとってうってつけの地域と呼べるだろう。

そして学校だが、まず規模も大事だ、少なすぎると自分に合った友達が見つからないかもしれない、多すぎれば、その中に日本人のグループを形成してしまうかもしれない。

多すぎず、少なすぎずが重要なのだ。

アクティビティの重要性も欠かせない、なんだかんだ言っても、人が一番親しくなれるのはスポーツや、外での遊びが大きい。アウトドアが苦手な人には酷かもしれないが、大半の人は外で活発に体を動かすことに対してよい印象を持つのだ。

そして一応考慮しておくべきは授業料。大規模な学校であればとにかく高い。それだけの先生や教員を回すためのお金が必要なのだ。高くて当然だ。しかし、それに比例して英語が話すのも早まるかといえば、正直言ってそういうわけではないだろう。

これらを考慮してご紹介すると、一つ私達の中でお勧めするにふさわしい学校がある。Camber Collegeという学校だ。

日本語での紹介ページが設けられており、日本人のカウンセラーも常備しているこの学校は、もちろんパウエルリバーにある。パウエルリバー自体。人口約2万人の、とても小さい街。自然に囲まれたこの地域は、治安も環境含めて私達の中ではパーフェクトに近い。

加えて、授業料についてもバンクーバーやトロントのそれとは比較にならない位安い。パウエルリバーについてや、街の雰囲気などの詳しいことは日本語の紹介ページから参考にしてみてほしい。この学校はパウエルリバー内では珍しく日本語のお問い合わせも対応しているのも嬉しい一面だと思う。

どの学校を選ぶにしても大事なことは、貴方の心構えと、理想をかなえるためどうするか考えることなのだと思う。

あくまでも、今回上記の結論を出したのは私達「カナダで英語を学び、話せるようになった」人間からみて、どうすればよかったか。どうすればもっと早く英語を話せるようになったかを論議した結果であって、絶対は無いと思う。やはり、都会の方が親や親戚は安心するだろうし、連絡もすぐとることのできるなど、利点を挙げれば腐るほどある。

次回は、逆に都会で英語を学び成功した事例もご紹介したいと思う。

パウエルリバーパウエルリバー

Similar Posts:

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 英語を話すための近道は? この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 英語を話すための近道は? Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 newsing it! この記事をChoix! Googleブックマークに追加 Bookmark this on Delicious Digg This

留学を考える上で、留学エージェントやビザ、学校、その他留学に関するお問い合わせや、ご相談はお気軽にご相談ください!
  • cosカナダ留学サポートデスク
  • 幼児英語.com
  • 美容師留学サポート

カナダ留学情報サイトの携帯版QRコード

地域別情報まとめ

トロント情報
トロントの生活情報 トロントの生活情報をまとめてみました。
バンクーバー情報
バンクーバーの生活情報 バンクーバーの生活情報をまとめてみました。

人気の記事一覧

最新の記事一覧


コミュニケーション