チャイルドシートの義務について - カナダ留学情報サイト

留学を考える上で、留学エージェントやビザ、学校、その他留学に関するお問い合わせや、ご相談はお気軽にご相談ください!

チャイルドシートの義務について

 

カナダでは、16歳以下の子供たち全てを守るために、チャイルドシートの使用、またはシートベルトの着用をさせることが法律で義務付けられています。

 

<0歳〜1歳児>

Rear-facingと呼ばれる後部座席に対面するように設置するチャイルドシートを付ける。

乳幼児の頭と首を守るために一番安全な設置方法。

●0歳から1歳9kg以下(20lb)

●後部座席中央に設置

●エアーバッグが出る助手席には設置しない

 

<1歳〜4歳児>

Forward-facingと呼ばれる後部座席に前向きに設置するチャイルドシート。

●1歳9kg(20lb)以上から18kg(40lb)以下

●後部座席に設置

●製造元の重量の決まりに従って、Rear-facingのままでも良い

●必ずストラップを正しく装着する

 

<4歳〜9歳児>

Booster seatと呼ばれる子供の体のポジションを車に取り付けられたシートベルトがきちんと着用できる高さまでもって行くためのシート。

●18kg(40lb)以上から少なくとも9歳まで、または身長が145cm(4’9”)に到達するまで

●後部座席に設置する

●シートベルトの正しい着用(肩から胸にかけて、腰の骨の辺りにシートベルト)

 

<9歳〜12歳児>

9歳以上の子供にはシートベルトのみの着用を法律で認められています。ただ、身長が145cm(4’9”)の子供は9歳以上であってもBooster seatの使用が推奨されています。

 

参考:www.childseatinfo.ca

Similar Posts:

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - チャイルドシートの義務について この記事をクリップ!Livedoorクリップ - チャイルドシートの義務について Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 newsing it! この記事をChoix! Googleブックマークに追加 Bookmark this on Delicious Digg This

留学を考える上で、留学エージェントやビザ、学校、その他留学に関するお問い合わせや、ご相談はお気軽にご相談ください!
  • cosカナダ留学サポートデスク
  • 幼児英語.com
  • 美容師留学サポート

カナダ留学情報サイトの携帯版QRコード

地域別情報まとめ

トロント情報
トロントの生活情報 トロントの生活情報をまとめてみました。
バンクーバー情報
バンクーバーの生活情報 バンクーバーの生活情報をまとめてみました。

人気の記事一覧

最新の記事一覧


コミュニケーション