オンタリオ州 - カナダ留学情報サイト

留学を考える上で、留学エージェントやビザ、学校、その他留学に関するお問い合わせや、ご相談はお気軽にご相談ください!

オンタリオ州

 

「カナダの首都は何州にあるでしょうか?」この質問に何気に答えられない人が日本人には少なくありません、それは渡河している日本人にとっても同じ、自分が今住んでいる国なのにもかかわらず、なかなかこの「オンタリオ州」のことを知らない人が多いようです。

今回は、恐らくカナダで最も重要な州である、オンタリオ州について簡単に情報をまとめてみました。

オンタリオ州の特徴

実は、このオンタリオは、カナダ人口の 3 分の 1 が集中する最も人口の多い州なのです。

他にも、カナダ観光局より発信されている情報をまとめると、

  • カナダ人口の 3 分の 1 が集中する最も人口の多い州がオンタリオ ― 約 1270 万人
  • 100 種類以上の言語、 170 もの民族的背景を持つ人々が集まるオンタリオ
  • 多国籍企業 1,500 社がオンタリオで営業
  • カナダ全体の雇用の 40 % をオンタリオで創出
  • カナダ全土の製造出荷高の 52 % を製造、その 88.9 % をオンタリオが米国へ輸出
  • オンタリオ経済は、 G7 の他のどの国よりも早いスピードで成長すると予想されています
  • 25 歳から 64 歳までの全オンタリオ民のうち 54 % が高等教育を修了、 OECD で最高の高等教育修了率
  • 24 校の大学と 20 校の応用美術・技術単科大学から、新卒者が安定的に労働力として供給されています
  • 他の G7 諸国よりも低い給与税
  • 通信・交通インフラによる世界とのシームレスなリンク
  • カナダ国内の R&D コスト支出の多い企業トップ 100 のうち、半分がオンタリオ企業
  • オンタリオが提供する様々な税金優遇制度、 R&D 支援制度、国際的に評価の高い研究者や研究所、優れた通信および産業インフラが、カナダの 10.9 % の R&D コストの優位性を高めています
  • オンタリオ南部から車で 1 日で到達できる範囲内に、北米人口の約 40 %が居住
  • 会議開催地として世界でトップクラスのランキング
  • 他の主要国際都市と比べて低い生活費 ― 2007 年の予想インフレ率 1.8 %
  • 安全で自由な地域社会、優れた生活の質

オンタリオ州には、カナダ国内、最大の都市トロントや、首都オタワなど含め、主要州があつまる大変活気に満ち溢れた移民大州なのです。

オンタリオ州の都市

オンタリオ州の、主な都市名をwikipediaからの引用として、下記に記載しておきます。ご参考までにご覧ください。(リンクは、wikipediaのオンタリオのページへ移行します。)

このように、オンタリオ州は非常に多くの都市を抱える大変大きな州でもあります。

オンタリオ州の言語

先にも記載したよう、オンタリオ州ではいまや100以上の言語が話されています。その中でも、英語が公用語として使われていますが、フランス語系の住民も多いため、フランス語を話す人々が多い地域では、州政府自身がフランス語で対応している箇所も多いのです。

仮に、カナダへの留学や移民などを考慮している場合には、このオンタリオ州の場所によっては、公用語が変わってくる恐れもあるので、事前に現地の人や専門家に尋ねることをお勧めします。

Similar Posts:

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - オンタリオ州 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - オンタリオ州 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 newsing it! この記事をChoix! Googleブックマークに追加 Bookmark this on Delicious Digg This

留学を考える上で、留学エージェントやビザ、学校、その他留学に関するお問い合わせや、ご相談はお気軽にご相談ください!
  • cosカナダ留学サポートデスク
  • 幼児英語.com
  • 美容師留学サポート

カナダ留学情報サイトの携帯版QRコード

地域別情報まとめ

トロント情報
トロントの生活情報 トロントの生活情報をまとめてみました。
バンクーバー情報
バンクーバーの生活情報 バンクーバーの生活情報をまとめてみました。

人気の記事一覧

最新の記事一覧


コミュニケーション