カナダ移民への道(ウェブデザイナー偏) - カナダ留学情報サイト

留学を考える上で、留学エージェントやビザ、学校、その他留学に関するお問い合わせや、ご相談はお気軽にご相談ください!

カナダ移民への道(ウェブデザイナー偏)

 

カナダに残りたい、カナダで仕事をし続けたい、カナダに住み続けたい。そんな夢を持つ人が一度は憧れる「移民(永住権)」。今日は、ウェブデザイナーのSennaさんにお話を聞いて、ウェブデザイナーが移民をした流れについて振り返ってもらおうと思います。

Q.移民をしたいと思ったきっかけは何ですか?

私ははじめバンクーバーにワーキングホリデーで渡航したのですが、ワーキングホリデーの1年間だけではやはり、英語力をはじめ、業界の動向、コミュニティへの参加など、やってみたいことが中々実現できなかったんです。

「あぁ、これは1年だけではとても足りないな」と考え出して、もっと長くいたいと思ったのが一つ。

あとは、純粋にバンクーバーに住む人達の人柄がすごく気に入りました。日本ではずっと東京に住んでいたのですが、道端で「調子どう?」とか、「いぇーい!(Hi 5!)」なんて声をかけられたりすることは、東京というより日本では一度も無かったですが。こっちは、接してくれる人がとにかく暖かい。質素な言葉だと、優しい人がすごく多いんだと感じ、この街から離れたく無いと感じるようになりました。

Q.ワーキングホリデービザの後はワークビザを取得されたんですよね?難しかったですか?

難しかったですね。というより、今、カナダ人の失業率がすごく多い現状から、僕ら外国人がワークビザを取るってことがとにかく難しいらしいんですね。僕はビザのコンサルタントに依頼したんですが、必要な書類を用意して、僕がカナダでワークビザを取るための説得材料を用意してと、コンサルタントの人と協力してほぼ抜け目無い申請をしたつもりだったんです。

ただ、日本で通ったウェブの学校の卒業証明に印鑑が押してあったんですが、それがまずかった。印鑑なんてこっちの文化には無い物だから、完全に偽物と勘違いされて。その後が大変でした。

なんとかその印鑑の問題だけ解決して再申請したら通りましたが、準備する物の量、申請にかける時間なんかを考えると、専門職の人はコンサルタントか何かに依頼することを切にお勧めします。

ちなみに、僕が取得したビザがWeb Technicianというスキルドワーカービザだったんですが、これがBクラスのスキルドワーカービザだったんですね。このBクラスというハイスキルのワークビザは結局移民で残るときも利点になりました。

IT部門の専門家は、このスキルレベルが非常に高い物が多いため、他の職種に比べれば比較的容易にビザの取得ができるかもしれません。

Q.なるほど、そうなると移民も大変だったんでしょうか?

ワークビザの申請ほどではありませんでした。移民のビザについては、僕はBC PNPという申請方法を取ったんです。簡単に言えば、“僕がカナダ、BC州に残るメリットを政府に説明する”という感じでしょうか(コンサルタントの受け売り)。この場合、僕はすでにワークビザでハイスキルのワークビザを持っていたので、必要書類と、以前ワークビザ取得の際に出した資料を書き直して提出しました。申請する資料を用意するのは大変では無かったのですが、申請する時期や、自分のワークビザを延長する必要があったりと、申請のタイミングについてはコンサルタントの人と綿密に話合いましたね。

おかげで、ワークビザの延長も出て、移民ビザの待ち時間も確保できたし。本当にコンサルタントの人には感謝しています。

今回の場合は、移民自体はそんなに難しいことはしていませんでしたが、正直、PNPがノミネートされるまではすごくヒヤヒヤしていましたね。「書類に何か不備が無かっただろうか」、「ノミネートの時期はいつだろうか。」、「英語力に自信は無いが、受け答えとか大丈夫だろうか」等。結果無事にノミネートされたのでよかったですが、自分ひとりでは何もできなかったです。コンサルタントの方を筆頭に、色々アドバイスをくれた人達には本当に感謝しています。何せ、僕の人生の分岐点だったわけですからね。

Q.今後はどうされるおつもりでしょう?

まずは英語力ですね、僕はワーホリ、ワークビザの2年間を生活の基盤を作るために仕事にだけ集中していたので、英語力は必要最低限の部分しか無いんです。だから、移民をすると学校の学費が安くなるのもありますが、まずはビジネス英語の学校に通おうと思っています。

その後は、せかっく映像技術や教養が進んでいるバンクーバーに居るので。VFSかSFUか。映像を本格的に学んでみたいとも考えています。今後ウェブ制作者は、絶対に+αの能力を必要とされる時代がきます、というか来てますからね。今のうちに英語と映像技術というバンクーバーならではの技術力を身につけて、さらに高みを目指したいと考えています!

Q.最後に、今後ウェブ業界の人で、カナダ移民を考えている人に一言

ウェブに限らずでしょうけど、IT全般を通して日本はすごく進んでいます。逆を言えば、カナダに関してはそういう技術力のある人を求めています。なので、移民についてはしかるべき機関に依頼すれば他の職種に比べると容易な印象を受けました。(専門職は一般的なビザ申請と申請に必要な物が異なることがあるので、個人で申請するのは逆にお勧めしません。)

カナダはアメリカからも近いのと、移民大国なので様々な国の文化とコミュニティを作ることもできます、僕個人としては、技術力の向上だけで無く、人間として大きく成長できる国だと思っていますね。北米や諸外国で更に自分のスキルを伸ばしたいと考える人には本当に良い環境です。

あとは、広告業界にいて、カナダに渡航する方なんか是非一緒に仕事しましょうw
私の所属するCI CREATORは、いつでも好奇心旺盛でカナダを愛する人からの連絡を待っていたりいなかったりします。

Similar Posts:

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - カナダ移民への道(ウェブデザイナー偏) この記事をクリップ!Livedoorクリップ - カナダ移民への道(ウェブデザイナー偏) Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 newsing it! この記事をChoix! Googleブックマークに追加 Bookmark this on Delicious Digg This

留学を考える上で、留学エージェントやビザ、学校、その他留学に関するお問い合わせや、ご相談はお気軽にご相談ください!
  • cosカナダ留学サポートデスク
  • 幼児英語.com
  • 美容師留学サポート

カナダ留学情報サイトの携帯版QRコード

地域別情報まとめ

トロント情報
トロントの生活情報 トロントの生活情報をまとめてみました。
バンクーバー情報
バンクーバーの生活情報 バンクーバーの生活情報をまとめてみました。

人気の記事一覧

最新の記事一覧


コミュニケーション